美容整形手術の真実!?

 

 

仕事の範囲が広がって忙しくなりましたが、私は美容外科手術の利害についてもリサーチを始めました。
成功例も失敗例も含めて美容整形を受けた何千人ものクライアントを私は見てきました。
美容整形は成功すれば、若返って見えてイメージアップできて自信をもたらします。
しかし、番人向けの解決法とはいえないのです・・・。
年齢を重ねていくと、顔の皮膚の下にある骨や筋肉、脂肪が減っていきそれと同時に肌の弾力性が失わられて皮下組織との間に隙間ができます。
これは自然現象で避けようのないことです。手術で顔の皮膚を引っ張って張りを回復させることはできますが、シワやたるみをもたらす自然現象は容赦なく進行しています。

 

そして、やがてはまた手術前にあったのと同じようにシワやたるみが現れるのです。
一般のフェイスリフトの持続効果は5〜7年といわれています。
そうなんです、永久的な治療法ではないのです。いったん美容整形を受けると、そのあと何度も手術を繰り返すことになる人が多くいます。
たしかにフェイスリフトは老けてやつれた顔を見事によみがえらせてくれる場合があります。少し老けてきたなー・・・・、と感じさせるようなテレビタレントや映画スターを注意して見てみてください。
おそらく美容整形を受けています。
美容整形は、顔の老化の原因を解決するのではなくてひょうめnン的な症状を解消しようとする方法になります。
一方でエクササイズは老化の原因そのものに働きかけるものでその効果は自然で長時間持続します。

 

そもそも、技術的にうまい美容外科医は多いけど美的センスのある人はなかなかいません。美容整形でいい結果を望むのならまずは手術結果に満足している体験者の話を聞いてその医師が執刀した患者の手術前と手術後の写真を見せてもらいましょう。
でもこれだけは覚えていてほしいのですが、あなたが目にするのは成功例だけです。
私は20代前半のときに鼻を整形して失敗してしまいました・・・。
片側の小鼻にくぼみが残ってしまい、鼻の先が長すぎて見えてしまう結果となりました・・・。手術にはけっこうな費用がかかりましたし、痛みがしばらく続いて回復にも時間がかかってそのうえ手術前の鼻の方がまだましだったのです。
何度も涙を流しました・・・。

 

ですが、顔のエクササイズを何カ月か続けていくうちに、鼻の先は短くなっていき、くぼみも目立たなくなってきました。鼻を整形するとまるでその人の鼻ではないかのように見えることがよくあります。
顔になじんでいなくて、なんだか浮いて見えるのです。でもエクササイズをすると、血液の循環がよくなってやがては、顔にしっくりとなじんでいきます。

 

かつては美容整形を受けた私のクライアントの多くは、もう2度としないと決めています。
果てしない手術の繰り返しはしたくないそうです。私は痛みをともなうメンテナンスの手術を続けなくてもいいように、どんな美容整形の場合でも術後1年間はエクササイズをして顔の筋肉を鍛えるように指導しています。
エクササイズは手術で安上がりな方法で老化の進行を抑える効果があります。痛みもなくて、安静期間も必要ないのです。
いたちごっこのように手術を繰り返す必要だってありません。
エクササイズは整形手術に変わる自然な美容法になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ